人気ブログランキング | 話題のタグを見る

設計演習D/E 09 blog

Top

設計演習2009YearBook

本日はレビューへの参加ありがとうございました!
一年間、お疲れさまでした。

イヤーブックについてお知らせです。
何人かの方からの要望もあったので、今年はTA賞の他に、希望者には販売しようと思います。
値段は3,000円前後、発行は3月を予定しています。
購入希望者は enshu09@gmail.com まで、名前、メールアドレスとイヤーブックへの要望(あれば)を、メールしてください。

受付締め切りは追って当blogにて。

過去3年のイヤーブックをサンプルとして、見たい方は古谷研設計演習TAまで。
ではでは。


設計演習TA 永沢
# by enshu09 | 2010-01-27 19:01 | OTHER

E03

「集合体」

出題:山崎隆盛

複数の住居を組み合わせて、住居の集合体をつくってください。

住居の数は自由ですが、2戸~10戸程度を目安としてください。
いわゆる集合住宅は求めません。
住人のタイプ、住居のあり方、敷地、規模などは自由に想定してください。
住居機能を分解しても、拡大しても、住居同志を互いに接しさせても離れさせてもかまいません。
集合体の姿と、集合によってできる相互関連による空間が大切です。
集合体にテーマをもたせ、明記してください。
個々の住居のプライバシーや居心地も配慮しましょう。


“AGGREGATE”

Design an “AGGREGATE” of houses by composing multiple houses.

You are free to determine the number of houses but two to ten is recommended.
The use of conventional housing is not required.
You are free to imagine the type of residents, way of living, the site and size.
You can break, expand or stretch any function of the houses and attach or detach house units.
The main point is the “AGGREGATE” figure and the space generated by it.
You are required to define and clearly express the design theme for “AGGREGATE”.
Privacy and comfort for each house should be considered.
# by enshu09 | 2009-11-25 00:59 | E03

及川輝○○○○

及川輝○○○○_b0176070_2165910.jpg及川輝○○○○_b0176070_21783.jpgひとつの街区に6つの住戸を集合させる。限られた敷地と庭に、ひとつの住戸に対しひとつの木がある。木同士を共有したいと考え、住戸同士の区割りに加えて、木同士を繋ぐ線でも区分けしている。
及川輝○○○○_b0176070_2171913.jpg及川輝○○○○_b0176070_2172783.jpg
及川輝○○○○_b0176070_2174019.jpg山崎:既存の四角い街路に対し、斜めに抜けているところがテーマ。公共の部分が非常にきれいに出来ている。2階部分で視線を共有させていることが模型によく現れている。住宅とするとなかなか難しいかもしれないが、この課題においてはひとつの解法としてあると思う。色の塗り分けの意味は?(及川:それぞれの色で各住戸を表している) そうすると、お互いの住戸に行く際に、いったん外に出なければならないのが破綻している。
古谷:この作品で面白いのは、バラバラにすることで住戸の持つアイデンティティが感じられなくなっている。そこに木を与えて、それを中心として一軒の家を認識しようとしている。それと同時に、6本の木をみんなが共有しているようにしようとしている。どの木も、どこからでも見えるようにすることで公共性を持っている。
断片化することで逆に大きなひとかたまりとして認識させている。住宅というのは人が増えたり減ったり、伸縮するものだから、各住戸同士でそのやりとりが行われていても面白いのではないか。まだ荒っぽいが、面白いテーマを沢山含んでいる作品。
藤井:1階の道、2階の道の2種類があることが面白い。
# by enshu09 | 2009-11-25 00:58 | E03

石井千晶○○○

石井千晶○○○_b0176070_2195893.jpg石井千晶○○○_b0176070_2110934.jpg3つの家が一つに集まり、分けることも分散して暮らすことできる住戸を考えた。2階はよりプライベート性の高い空間とした。
石井千晶○○○_b0176070_21102044.jpg石井千晶○○○_b0176070_21103040.jpg
石井千晶○○○_b0176070_21103952.jpg山崎:2階と1階のつながりが全部壁なのがすこし残念。
藤井:壁の入りかたがいろいろなタイプがあってもよかったかも。
古谷:平屋の学生コンペなんて五万とある。2階3階でこのコンセプトができるともっと面白くなる。
# by enshu09 | 2009-11-25 00:57 | E03

小野友麻○○○

小野友麻○○○_b0176070_21125920.jpg小野友麻○○○_b0176070_21131032.jpg家が独立していながらも全体で集合している家を考えた。
藤井:裏表反転みたいな感じで面白い。開口の感じといろんな距離感が出ている。繋がりかたも見てみたい。
小野友麻○○○_b0176070_2113254.jpg小野友麻○○○_b0176070_21133651.jpg
小野友麻○○○_b0176070_21135480.jpg山崎:お互いも公共の感じがかなり積極的にしみ出すのではないか。
古谷:家と家の間のスペースになにか意味を持たせられないか?屋根だけは繋がっているとか。外部か内部か分からないような反転の重ね方もできそう。隙間に意味を持たせたい。もうひと味の付け方を宿題に。
# by enshu09 | 2009-11-25 00:57 | E03